アンチエイジングで効果的に若返りを行うために必要なこと

アンチエイジングで効果的に若返りを行うために必要なこと

肥満体型と診断される基準

よく使われている標準体型の診断基準というのは、BMIといわれている計算式だそうです。

 

日本人の標準BMIは22であり、25より多ければ肥満体型です。

 

自分の体型が肥満かどうか、標準体型に近いかどうかは美容のためにも、健康のためにも重要な問題だといえるでしょう。

 

何が肥満のデメリットかというと、命も落としてしまいかねない重大な病気にかかりやすいことです。

 

高血圧、動脈硬化、高脂血症などの危険性が高くなるのは、肥満体型と診断されたまま放っておいた場合です。

 

体内に蓄積された脂肪の重みで腰痛や関節痛を引きおこしたり、睡眠時無呼吸症候群のような命に関わる症状が出たりもします。

 

肥満体型

 

体重が重いから肥満体型というわけではない

単に体重が重いことだけで診断できるのが、肥満体型というものでもないといいます。

 

BMIは身長と体重からだけで診断されるため、体脂肪率は計算に入っていないためです。

 

それが脂肪ではなく筋肉だったなら、少しくらい太って見えていたとしても、肥満体型ということにはなりません。

 

体重と身長でかつては肥満体型の診断をしていましたが、最近では多くの場合、体脂肪率を簡単に測ることもできるので、体脂肪率も合わせて診断しているといいます。

 

内臓の周りに体脂肪がついているリンゴ型肥満と、皮下脂肪が多い洋ナシ型肥満が、肥満体型にはあるようです。

 

どちらの体型か診断されることで、対策も変わります。

 

アンチエイジング基本